毎年この時期になると注目されている、流行語大賞ですが

 

今回は、2015年の流行語大賞へのノミネート50語を全てご紹介致します。

 

皆でマネしたな~♪という言葉も

あれ?何だっけ?という言葉も

 

改めて見て、今年1年を振り返ってみましょう(^^♪

 

 

爆買い

1度に大量の買い物をする事。

主に、日本での中国人観光客が買い物をする様子へ使われていましたね。

円安の影響もありますが、日本企業にとっては2015年の爆買いはビジネスチャンスだった様子です。

 

 

 

インバウンド

ビジネス用語、対義語はアウトバウンド。

こちらも、中に入ってくるという意味で

インバウンド旋風、インバウンド消費などと呼ばれていましたね。

外国人の日本での消費に対して、爆買いと同時に使われていました。

 

 

 

刀剣女子

「刀剣乱舞」という、日本刀をイケメン男子に擬人化したゲームが火付け役と言われていますね。

ここ数年人気だった、歴女の影響も大きいでしょう。

こういった模造刀が、通販で女性から大人気との事です。

眺めているだけでもカッコいいですよね♪

 

 

 

ラブライバー

ラブライブ!のファンの総称。
男性だけでなく、女性や芸能人のラブライバーも多いようですね。

この方くらい堂々としていると、カッコイイです♪

 

 

 

アゴクイ

顎をクイっと手で上に向け、顔を向けさせたり、キスをしたり・・・。

女子がキュンとしてしまうシチュエーションだそうです。

壁ドンに続き人気のようですね(*ノωノ)

 

 

 

ドラゲナイ

人気バンド「SEKAI NO OWARI」のヒット曲「Dragon Night」のサビの部分が

 

 

ドラゲナイと聞こえると話題に。

ボーカルの深瀬さんも公認(?)のようですね。

 

 

プロ彼女

非の打ち所のない彼女を表す造語。

スポーツ選手や芸能人の彼氏を陰で支える、一般女性に使われたのが始まりのようです。

詳しくはグノシーさんでも取り上げられていました 

 

 

 

ラッスンゴレライ

今年の始めには、ダントツで人気のあったお笑いコンビ 8.6秒バズーカのネタです。

最近は全くテレビで見かけませんね(-_-;)

やはり、1発ネタの芸人さんが生き残るのは難しいようです。

因みに、2014年の流行語大賞は日本エレキテル連合の 「ダメよ~、ダメダメ」 でしたね♪

彼女たちも最近では・・・。

 

 

 

あったかいんだからぁ

こちらも、8.6秒バズーカと同時期に人気のあったお笑いコンビ クマムシの1発ネタ。

彼等も最近では・・・。      

 

 

 

はい、論破!

「痛快TV スカッとジャパン」 内で、木下ほうかさんが演じる 「イヤミ課長」 の決め台詞が話題になりました。

 

 

 

安心して下さい。穿いてますよ

説明は不要でしょうか? とにかく明るい安村さんの1発ネタ。

今年の忘年会にはこのネタが流行りそうな予感(悪感?)

個人的に、人が良さそうな安村さんは応援しています♪      

 

 

 

福山ロス(ましゃロス)

ついに、福山雅治さんが結婚されましたね♪

お相手は、女優の吹石一恵さん。

美男美女のカップルですが、とっても明るい家庭を築いていくことでしょう。

さて、そんな福山雅治さんの結婚報道の際に産まれたのが、この福山ロスという言葉。

 

 

 

まいにち、修造!

松岡修造さんの「熱血語録」が日本中を元気にしてくれましたね♪

 

 

 

火花

2015年の流行語大賞の大本命がこちらでしょう!

芸人・又吉直樹さんの小説。

発行部数10万部を超えるとヒットと言われる現在の出版業界において

現在何と、200万部以上の売れ行きとか!!

 

 

 

結果にコミットする

プライベートジムのライザップさんのCMで使われていた言葉。

ビジネスシーンでもマネをする方が増えたとか・・・。

最近は、都内の電車・タクシー・バスでも広告を見ない日はありません。

一企業のキャッチコピーとしては、本当に素晴らしいですね♪

 

 

 

五郎丸ポーズ

ラグビー日本代表のW杯での活躍は本当にワクワクしましたね♪

中でも、大人気なのが五郎丸選手。

独特のポーズは、小学生から大人まで大人気となりました。

 

 

 

トリプルスリー

野球の打者が、同一シーズン内に

打率3割・本塁打30本・盗塁30個以上を達成する事。

若い選手の活躍には勇気を貰いました♪

 

 

 

1億総活躍社会

安倍内閣が掲げる、1人ひとりが自分らしく輝ける社会の事。

実現する為には、社会保障制度の整備など数々の問題がありますが・・・。

本当に、そうあって欲しい物です♪

 

 

 

エンブレム

東京オリンピックのロゴ盗用問題における一連の騒動は

世界中に日本の管理能力の無さを示す結果に・・・残念な事です。

まだまだオリンピックまでは期間がありますから、国民全員でこの「お祭り」を盛り上げていきたいですね(^^♪

 

 

 

上級国民

一般国民とは対をなす言葉。

エンブレム盗用問題の際に、関係者等に皮肉を込めて呼ばれていました。

 

 

 

白紙撤回

こちらも、オリンピック関連から生まれてしまった言葉。

新国立競技場の整備計画が白紙撤回となってしまいましたね。

しっかりとした第三者機関、情報の公開をお願い致します!

だって

オリンピックは世界中の皆のお祭り

なんですからね(^^♪

 

 

 

I AM KENJI

イスラム国に拘束されたジャーナリスト・後藤健二さんの無事を祈り

「I AM KENJI」

と掲げた写真をSNSに投稿する動きが世界で拡がりました。

 

 

 

I am not ABE

先述の

「I AM KENJI」

が世界中の方がSNSで後藤健二さんの無事を祈った(守ろうとした・擁護した)

のに対して

「I am not ABE」

は、安倍ではありません、安倍政権には賛同出来ませんという意味にでもなりますでしょうか?

個人的に、流行語大賞であれ何であれ

こういった言葉が流行るのは好ましくはありません・・・。

 

 

 

粛々(しゃくしゃく)と

政治家の方々が使われていますが

反対意見がある中で、密かに推し進める意味合いで使われています。

 

 

 

 

切れ目のない対応

「切れ目のない対応を可能とする国内法制の整備を」

安全保障法制に関する新たな基本方針を閣議決定した際に生まれた言葉。

2015年の流行語大賞は、かなり政治色が強いように感じますね・・・。

 

 

 

存立危機事態

集団的自衛権を使う際の前提になる三つの条件(武力行使の新3要件)の一つで、「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」。

ほかの前提条件として、「国民を守るために他に適当な手段がない」「必要最小限度の実力行使にとどまる」ことがある。

 

駆けつけ警護

離れた場所にいる国連や民間NGOの職員、他国軍の兵士らが武装集団などに襲われた場合に助けに向かう任務の事。

事実上の参戦ではないか?と賛否両論あるようです。

 

 

 

国民の理解が深まっていない

安全保障関連法案の際に生まれた言葉。

難しい問題ではあるが、政府・国民の距離感、相互理解は深めていきたい所。

 

 

 

レッテル貼り

こちらも安倍総理の言葉。

国を代表される方ですから、賛否両論はどうしても出てしまいますよね。

個人的には、昨今のインターネットの発展による

様々なネガティブイメージが怖い様に感じます。

 

 

 

テロに屈しない

こちらも、イスラム国による日本人人質事件により生まれた言葉。

テロに屈しない→では、何をしていくか?

これは、本当に難しい問題かと思います。

 

 

 

早く質問しろよ

安倍総理が議会中に辻本清美議員に放った言葉。

もうね、何というか・・・。

 

 

 

アベ政治を許さない

アベ政治を許さない

の文字は、今年95歳の俳人・金子兜太さんの筆になるものだそうです。

この方は、実際に戦争へ行かれ捕虜になった経験がある方だとか。

意思表示は個人の自由かと思いますが

最近は、この文言のTシャツ等が大人気だとか・・・。

 

戦争法案

2015年の流行語大賞というか、日本の歴史が変わった瞬間でもありましたね。

「安全保障法案」

については、事実上の自衛隊が戦闘に参加できる法案の為

戦争法案との声が上がりました。

 

 

 

自民党、感じ悪いよね

自民党の石破茂地方創生大臣が自身の勉強会で

自民がガタガタっとくるときは、政策なんかより

「なんか自民、感じ悪いよね」

と国民の意識が高まっていったときに危機を迎えるのが私の経験だ

と発言して話題になりました。

 

 

 

シールズ(SEALDs)

日本の学生団体「自由と民主主義のための学生緊急行動(Students Emergency Action for Liberal Democracy)」の略称。

 

 

 

とりま、廃案

高校生が中心となり、渋谷にて戦争法案反対デモが行われた。

その際に生まれた言葉。

とりま=とりあえずまあ

の略。

 

 

 

大阪都構想

橋下徹氏を中心にした大阪維新の会から生まれました。

こちらの公式HPが非常に分かりやすいですね

 

 

 

マイナンバー

もうご存知ですよね?

国民1人ひとりに割り当てられる識別番号です。

まだまだ、浸透には壁がある様ですね・・・。

 

 

 

下流老人

医療費が払えず、家庭の市販薬で過ごすなど

経済的に困窮している老人の事。

今後、非正規雇用が増えれば

この下流老人が増えていくとの見解もある様です。

 

 

 

チャレンジ

大手家電メーカーの東芝が、取引会社への支払サイトの延長を求めた際に生まれた言葉。

チャレンジというと聞こえは良いですが・・・。

 

 

 

オワハラ

就活終われハラスメント

の略ですね。

企業が、内定を出した就活生に他社へ就職するのを防ぐ為に圧力をかける事。

 

 

 

スーパームーン

皆さんは、9月にあったスーパームーンは見れましたか?

詳しくはこちらで紹介しております

 

 

 

北陸新幹線

TVでは様々な番組の特集が組まれましたね♪

東京~金沢が3時間かからずに着いてしまうようです。

 

 

 

ドローン

犯罪などに使われるイメージが先行してしまいましたが

結局は、使う側のモラルの問題かと思います。

SONYがYouTubeにアップした素敵な映像が公開されていますので、是非ご覧になって下さい(^^♪

サイトはこちらから

 

 

 

ミニマリスト

最小限主義者の事。

物が溢れている時代とよく言われていますが

あえて、持たない事で心の余裕を持つ事が注目されつつあります。

 

 

 

ルーティン

五郎丸選手で有名になったルーティーンですが

有名なスポーツ選手は取り入れている場合が多いようです。

・イチロー選手のバットを立てて構える動作
・高見盛関のロボットの様な動作

これらもルーティーンの一種です。

もちろん、スポーツ選手だけでなく一般人にも有効なルーティーン

習慣化された動作をする事によって、自分の平常心や自信を取り戻す効果があるといわれています。

貴方も、自分なりのルーティーンを探してみては如何でしょうか?

 

 

 

モラハラ

モラスハラスメントの略。

会社や家庭で受けるDV等。

 

 

 

フレミネー

最初、何の事か分からなかったのですが

友達(FRIEND)と敵(ENEMY)を合わせた造語だそうです。

友達だと思っていたら、敵だったパターンだそうで・・・女性は大変ですよね(-_-;)

 

 

 

サードウェーブコーヒー

第三次のコーヒーブームの事。

主に、ハンドドリップ製法が主流だとか。

詳しくはこちらから

 

 

 

おにぎらず

「クッキングパパ」

の漫画内で紹介され大人気に

私もかなりハマりました♪

おにぎらずのレシピはこちらから

 

 

 

 

 

 

まとめ

2015年の流行語大賞にノミネートされた50語の紹介でした♪

如何でしたでしょうか?

今年の流行語大賞は

2015年12月1日(火)に発表となっております。
今年は

お笑い以外は、少し暗い話題が多かったでしょうか?

来年は、もっと明るい話題で一杯になると良いですね♪

今年も残りあと7週間程となりましたが、風邪などには気をつけて乗り切っていきましょう(^^♪

 

 

 

 

いつもブログを見て頂いてありがとうございます(^^

シェア・コメントして頂けると嬉しいです♪

スポンサーリンク
おすすめの記事